スナックキャンディ岡山 | Byプペル岡山

【岡山キャンディ徹底解剖2】ルビッチ備前焼グラス

備前焼でビールを飲みながら餃子を焼いていたら、そっちに集中しすぎて鍋で炊いていたご飯を焦がしてしまった 熟練ボランティアよんさまです。

岡山キャンディ徹底解剖の第2回、今回も笑いなく淡々と解剖していきます(^ ^)

岡山キャンディでは、生ビールを「備前焼」グラスで飲むことができます。
備前焼は「日本六古窯」の中で最も古く、その魅力は土の味、火が作る色目にあります。
陶土を成型し、乾燥させたのちに絵付けもせず釉薬もつけずそのまま焼き締めます。

岡山キャンディにある備前焼のビールグラスには、西野亮廣さんの絵本「えんとつ町のプペル」のキャラクター「ルビッチ」が浮き出ているオリジナルであるのに加え、緋襷(ひだすき)という備前焼独特の窯変の焼き色が出ていて、とても素敵なのです!

お猪口もあります

さらにさらに、備前焼で呑むビールは、「まろやか」になり、きめ細やかな泡となり、 温度が変わりにくくなるという特徴があります。
(詳しくは以下)

この珍しい「ルビッチ備前焼グラス」で美味しいビールを飲んでみませんか?

なお、岡山キャンディでは、倉敷最古の備前焼専門店「陶備堂」さんと協力して「陶備堂」さんの備前焼体験でお作り、焼成された備前焼作品を持ち込んでビールを飲んでいただくこともできます。
(ご予約いただければ焼成された備前焼作品を岡山キャンディで受け取ってそのままビールをお飲みいただけることもできます。)

↓陶備堂さんの備前焼き体験チラシ

http://tohbidou.com/free_9_95.html

「陶備堂」さんで備前焼体験し、出来上がり作品をイメージしながら岡山キャンディで 飲んで帰る。後日作品が出来上がったタイミングで、また岡山キャンディにお越しいただき、自分の作品でビールを飲むって楽しくないですか!!

ぜひご検討ください。

熟練ボランティア よんさまでした!

目指せ!会員数1,000人で無料スナック!